HOME > 金属加工 > フライス加工

フライス加工

フライス加工イメージ

フライスとは加工物の表面や溝を削る工具で、平面加工をするときに使う代表的な工作機械です。 表面を加工する正面フライスと、溝などを加工するエンドミルに大別されます。

工作物を回転させる旋盤とは違い、刃物を回転させながら、工作物を取り付けたテーブルを移動させて切削します。 フライス盤を使うと、複雑な形状の部品を作ることができます。 平面削り・溝削り・正面削りなど、工具の種類により多彩な加工が可能です。

加工内容

バイスで材料を固定し、フライス盤をx軸、y軸、z軸に移動させることで様々な加工が可能です。 また、フライス加工は手動で行うため、機械では難しい、より繊細な加工を行うことができます。

加工フォロー図

加工フォロー1 加工フォロー2 加工フォロー3

フライス加工機に付属しているバイスに材料をはさみます。

任意の位置にフライス盤を合わせます。

切削用のハンドルを回し、切削寸法に注意しながら作業を進めます。

 

金属加工一覧に戻る

NC旋盤加工マシニング加工プレス加工フライス加工溶接加工ダイカスト加工

お問い合わせ
工業所 概観写真

株式会社畑山金属工業所

金属加工[NC旋盤・マシニング加工・ダイカスト加工]

〒571-0015 大阪府門真市三ッ島6丁目25−28Tel 072-800-0777

Fax:072-800-0888
E-mail:info@hatayama-metal.jp

お見積り、ご質問などがございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらお見積りはこちら

このページの先頭へ